作り込まれた商品が必要ない理由

活動初期から
作り込まれた商品が必要ない理由。

 

まだ
クライアント0、売り上げ0
の段階で、

 

がっちりと、時間を掛けて
提供商品やプログラムを組むと。

 

市場に出したときに

 

まったく
反応が取れなかった時に、、

 

実際に売れなかった時、、

 

それまでの労力や時間が
無駄になってしまいます。

 

なので、活動初期は
作り込まれた商品は作らない方が
上手く行きやすかったりします。

 

例えば、コーチであれば、

 

相手の
『目標・お悩み』を聞いて、
『現状』を聞く、

 

そして、
相手のギャップが浮き彫りになったら、

 

必要なサポートを聞いて、
そのサポートプランを提示する。


この場合これが商品・サービスです。

 

商品ありきで、
顧客獲得するのではなく、


顧客毎に適した
商品・サービスを提案すれば、

 

膨大な時間と労力を掛けて
商品を作り込んで、


結局、売れない。


という事が無くなります。

 

 

コメントは受け付けていません。