『私はコーチングをやってます』なんて自己紹介していませんか?

 

コーチ専門・
“はじめての顧客獲得”の専門家、徳永です^^

 

こんにちは。

 

今日は、ここを変えるだけで
あなたの体験セッションのアポ数が
月2,3倍は増えますよっていう話です。

 

あなたはもし、
交流会とか、セミナーとかの
リアルの社交の場に参加した時に

 

雑談等のタイミングで
『私はコーチングをやってます』って、
先に名乗ったり、自己紹介していませんか?

 

実は、これをするとその会での、
あなたの体験セッション・アポ獲得の
難易度を上げる結果になります。

 

なぜならば
あなたが思っている以上に

 

『コーチングって何ですか?』
『コーチングって
どんな事をするんですか?』

って聞かれたりします。

 

これって、一見するすると、
自分のやっているコーチングに
興味を持って貰えそうに感じる
かもしれませんが、、

 

実は逆なんです。

 

人と人との会話において
基本的には質問を
している側が主導権を握ります。

 

コーチングとは、、
●●であると相手に説明して、

相手に興味を持って貰うには、
まだ、駆け出しコーチさんには
以外に難しいはずなんです。

 

仮にコーチングとは、、●●である
を上手く説明出来たとしても、

 

アポ獲得には、
正直あんまり意味もありません。

 

リアルの場で体験セッションの
アポを獲得するには、逆の発想がいります。

 

最初に相手の『お悩み』を
引き出しておかなければいけないんです。

お悩みを引き出す
⇒なんか解決策がほしくなる状態にする
⇒それを解決出来る方法がある事を伝える
⇒体験セッションの提案をする

この順番です。

 

相手の深いお悩みをしっかりと引き出しから、
コーチングの体験セッションの
提案をすると、するっとアポが取れます^^

 

でも、
『私はコーチングをやってます』
って最初に手の内を明かしちゃうと、、

 

相手が、
「なんか売られるんじゃ無いかなって、、」

お悩みを話す事に
少し身構えさせてしまう結果になります(>_<)

 

この状態から、

 

お悩みを引き出す
⇒なんか解決策がほしくなる状態にする
⇒それを解決出来る方法がある事を伝える
⇒体験セッションの提案をする

っていうのが、難易度が高くなるんです。

 

 

本来であれば、交流会とか、
セミナーに参加している人達は、

ほとんどの人が
何かしらの『悩み』を抱えている
はずなので、

 

自らコーチですって名乗ってしまうよりも前に、
「今日はどんな目的でこの●●に来られたんですか?」
っていう普通の雑談、会話の中で、

 

お悩みを引き出す
⇒なんか解決策がほしくなる状態にする
⇒それを解決出来る方法がある事を伝える
⇒体験セッションの提案をする

これがスマートなアポ取りの方法です^^

 

人が興味があるのは、
基本的に自分の事だけ。

 

わかりやすくいうと、
『自分のお悩み』にしか興味が無い。

 

コーチングには興味が無いはず。

 

だから、
アポの獲得という観点に立った時には、

 

あなたが
『コーチングとは、、、』
なんて説明に時間を使うべきではなく、

限られた時間の中で
『相手の悩みをどれ位引き出せるか』

そして、
『この人なら私の
この悩みを解決してくれるかも』
と思わせる事が出来るかどうかなんです。

 

これは、web集客でも同じ事ですが
『見込み顧客は基本的には
自分の悩みにしか興味が無い』
と、肝に銘じて、アポ獲得に望みましょう(^_^)

 

【期間限定・開催中!】

⇒人を助けて豊かに稼ぐ『人助けビジネスの始め方』webセミナー【期間限定・開催中!】

当ページからお申し込み頂くと3000円のセミナー料金⇒無料でご参加頂けます!お席埋まり次第、期間終了になりますので、お早めにお申し込み下さい。

コメントは受け付けていません。