【簡単セルフコーチングノート術】潜在意識を武器に変える

潜在意識を武器に変える簡単セルフコーチングノート術

 

潜在意識を武器に変える目標達成コーチ/起業コーチのサトシです。

 

 

あなたは知っていますか?

 

望む未来は『書く』事で『実現する』と言う事を。

 

『自分の内部で達成したものは、外部の現実を変えていく』

-想像する力:ビジュアライゼーション-

 

成功者はみんな実に多くの人が『書いている』

 

私は、その事をメンターに教えて貰って以降ノートに自分の『望む未来』や『目標』『ビジョン』を書き出す事を習慣にした所、『起業』や『売り上げUP』等、多くの望みを少しづつ実現してきました。

 

そして、私のクライアントにも同じ様に自分の望む未来をノートに書いて貰う事や、自分の望む未来をイメージして貰う事を習慣にして貰った所、皆一様に目覚ましい成果を上げて行く事が出来るようになっています。

 

私は、望む未来は『書く』事で『実現する』と言う法則を強く確信しています。

 

 

 

 

インターネットの出現、SNSの登場によりメールや、ツイッター、フェイスブック、LINE等、今『書く』という事は日常的に気軽に頻繁に行われる時代になりました。

 

 

ただ、これらの文章を作るという行為は同じですが、『紙に書く』という効能は全く違います。

 

 

『紙に書く』行為は、確実にあなたの人生に劇的な変化を起こしてくれます。

 

 

手帳にTO DOリストを書いているという人はたくさん居ると思いますが、『紙に書く』という事は、もう一歩踏み込んで、深いレベルの自分の思考や感情、そして潜在意識の領域にアクセス出来る様になります。

 

 

意識的にはなかなかアクセス出来ない自分の潜在意識の領域にアクセスする事が出来る様になることで、自分の中に眠っている様々な可能性や能力を引き出せるようになります。

 

 

ちなみに紙に書くことで得られる効果を少しだけ上げてみると、

 

・書く事で自分の『やりたい事』がわかる。

・書く事で『思考』と『感情』が整理される。

・書く事で最強の『潜在意識』が味方になってくれる。

・書く事で『年収が倍』になる。

・書く事で『望む未来』が実現する。

 

そして、どれも、必要なものは『手』と、『紙(ノート)』と『ペン』。この3つだけ。

 

 

 

紙に書かないという選択肢をあえて選ぶという選択自体が考えられないことだと思います。

 

 

夢や目標を日常的に書いている人は実に年収が高い。

 

 

「夢はあるけど、なかなか実現しない」という人にこそ「紙に書く」と言うことをお勧めしています。

 

 

会社員をやめて、いつか起業したいと思っていても、今の行動パターンを変えて、いつもと違う行動を増やしていかなければ現実は変わりません。(これは起業を志ながら会社員として数年くすぶった私が一番強く実感する所です。)

 

 

その一歩の為に『紙に書出す』と言うことを今初めて見ませんか?

 

 

ただ、漠然と紙やノートに書出して言われても中々少し抽象度が高くて、行動出来ない可能性もあるので、このサイトでは『書き出す』という事に特化したセルフコーチングノート手法やセルフコーチング質問表、ワークシートについてまとめています。

 

書くだけで現実がどれだけ動いていくか存分に味わってみて下さいね(^_^)。

 

 

簡単・効果の高いセルフコーチングノート手法①

 

 

もっとも簡単に出来て効果の高いセルフコーチングノート手法は『目標をノートに定期的に書き出す』と言うこと。

 

 

自分自身がこういう状態になれたら最高だな~という事をノートに定期的にどんどん書き出していくんです。

 

 

 

 

そういった形で『目標をノートに定期的に書き出す』

 

 

その時に、ノートに書き出すだけで、顔がニヤニヤするくらい(^_^)

 

自分自身がそれらを達成出来たら味わうであろう気持ちも同時に味わう事が大事になってきます。

 

私の場合はこれをやるときには妄想癖なので、まあ自然と顔がにやけて行きますが(^_^)

 

 

何が見えるのか?

なにが聞こえるのか?

どんな気持ちがするのか?

 

これを『ビジュアライゼーション』といいセルフコーチングにおいて高い成果作り出します。

 

 

これは、目標達成で大事なってくるのが、感情のパワーだからです。しっかりその目標を達成している姿を五感を使ってイメージして、目標達成したときの感情を味わう事で感情が潜在意識にアクセスしてパワーを引きだしてくれます。

 

 

事実、このノートを付け始めて、1年、2年立って見直したときには、そのノートに書かれている事の大半が実際に叶ってるんです。

 

 

人間は感情を求めて行動を起こします。

 

 

しっかり感情を味わいながら『目標をノートに定期的に書き出す』ということを実践する事で、自然とあなたの船の舵がその目標を達成するために、潜在意識にアクセスをして、その目標をドンドン叶えていくんですね(^_^)

 

 

もっと言えば、この時の目標設定は『●●したい』ではなく『絶対●●がほしい!』もっと言えば『●●する!』強い感情であればあるほど、こういった目標達成の速度は高まって行きますが、まずは習慣を付けるという意味で気軽に楽しみながら実践してほしいと思います。

 

 

このノートに書き出すタイミングは、夜寝る前がベストです。その理由は睡眠前や起床後のタイミングは潜在意識の蓋が少し緩い状態になっていて、このタイミングは自分の潜在意識にアクセスしやすいタイミングなんです(^_^)

 

 

簡単に出来て効果の高いセルフコーチングノート手法を紹介しました。

 

 

このサイトではその他にも、『書き出す』という事に特化したセルフコーチングノート手法やセルフコーチング質問表、ワークシートについてまとめています。

 

『自分の内部で達成したものは、外部の現実を変えていく』

-想像する力・ビジュアライゼーション-

 

簡単セルフコーチングノート手法②『感情日記』

全ての人間は感情を求めて行動を起こす。

-セルフコーチングノート手法『感情日記』-

 

自分の感情についてノートに書き留める習慣を付けると書いていくと、自分の事がもっとよく分かるようになってきます。

 

感情は、あなたの人生に大きな影響を及ぼすので、日常的に自分の感情の動きを知る事はとても重要です。

 

 

感情というのは、ポジティブなものと、ネガティブなものがあり、自分の深いところから沸き上がってきて、このどちらももが、様々な形であなたの人生を動かしています。

 

 

心理面を扱うプロとして言わせて頂くと、感情は人間が持つ巨大なエネルギー元です。

 

 

それはポジティブな感情でもネガティブな感情でも同じ。人が望んだ通りの人生を生きられないのはこの感情のエネルギーの使い方を知らないからだ。たいていの人はガス欠のまま、言ってみれば夢遊病者の様にフラフラしながら人生をさまよっている。

 

 

結構皆さんが解っていないのが、『感情を感じないようにしている』のと『感情が安定している』のはは大きな違いがあると言うこと。

 

 

人生を思い通りに動かすのは、まずは自分の感情の部分としっかりと向き合う時間を作る事です。

 

 

「人生を変えたい」「成功したい」と思いつつ結局何年経っても人生を変えれないのは、自分の中にある感情の整理が付いていないからです。

 

 

同じ様な怠惰な日常を繰り返しているのであれば、この自分の感情に気づけるようにセルフコーチングノート手法の『感情日記』を付けることをお勧めしています。

 

セルフコーチングノート手法:『感情日記』の書き方

 

やり方は至ってシンプルで得にフォーマットやシート等の枠組みは設けづに、

一人の時間にノートを開き、朝起きた時からの感情を書き出しています。

 

・朝目覚めた時にどんな感情があるか?

・会社に通勤している時間帯にどんな感情があるか?

・仕事中や、家事や育児の際にどんな感情があるか?

・休憩中や仕事終わり、プライベートな時間帯にどんな感情があるか?

 

 

等々、その時その時の感じる感情を感じるがままに細かく書き出していきます。

 

 

朝気持ちよく目覚めれる人をいれば、月曜日の目覚めは憂鬱な感情が強いという人もいるでしょう。

通勤途中に嫌な感情を持つ人もいれば、中には退社時間の方が憂鬱だという意味深の人もいるでしょう。

 

誰かに見せるものでは無いので、綺麗に書く必要も無く感じるがままに書き出す事が大事です。

 

 

こうやって自分の感情の面のフォーカスして、一日を振り返ってみると自分がどういう感情をいつも持っているのかを意識化することが出来る様になります。

 

 

感情はそれがポジティブなものであれ、ネガティブなものであれあなたを突き動かすガソリンになります。

 

 

感情だけがあなたの潜在意識にアクセスして、あなたの中の潜在能力を引き出してくれます。

 

 

「人生を変えたい」「成功したい」と思いつつ結局何年経っても人生を変えれないのは、自分の中にある感情の整理が付いていないからです。

 

 

人生を思い通りに動かすのは、まずは自分の感情の部分としっかりと向き合う時間を作る事です。

 

是非セルフコーチングノート手法の『感情日記』参考にされて下さい(^_^)

 

全ての人間は感情を求めて行動を起こす。

-セルフコーチングノート手法『感情日記』-

 

簡単セルフコーチングノート手法③やりたい事を見つける『行動ダイアリー』

 

 

『お金は後からついてくる。まずは自分のやりたい事をやればいい!』

 

なんて

 

自己啓発書やユーチューブ等の動画でそういったメッセージを聞いて、奮起しても、中々見つからないのが『やりたい事』ですよね。

 

 

(私の中では『やりたい事』よりも『辿り着きたい場所(ゴールの設定)』の方がはるかに重要だと思っておりますが、それはまた別の記事で(^_^))

 

 

多くの方が、自分のやりたい事を見つけられずにいるのは「周りの望む事を上手にこなす人生」を生きてきたからです。自分がなにを望むかわならなくなるのも当然です。

 

 

でも、今の仕事が自分自身に取って『やりたい事』ではないのは間違いないんだけど、・・・仕事を辞めるわけにも行かないし、悶々とする。

 

 

確かに『これだ!』と言える何かか見つからないまま、毎日を過ごす事って、成長している実感がわかないため、人生が楽しくなるはずがないんですよね。

 

 

そんな方にお勧めの簡単セルフコーチングノート術として『行動ダイアリー』

 

 

行動ダイアリーとは認知行動療法の創始者(認知行動療法の理論的基礎を形作った)として、知られるアメリカの医学者、精神科医のアーロン・ベック氏が1970年代に考察したアセスメントツールでモチベーションの低い人や『自分が何をしたいのかわからない人』などの心理的改善に効果を上げるツールです。

 

 

セルフコーチングノート術『行動ダイアリー』のやり方。

 

ステップ①

まずは、その日の行動をノートに一時間単位で記録します。もし何の行動もし無かった時や、なにか生産的な活動を為ていなかった時でも、昼寝した。ソファでゴロゴロしてテレビを見ていた。ユーチューブの動画を見ていた。何かしらの行動を記入していきます。こういった何気ない行動もしっかり記録することで効果が高まっていきます。

 

 

ステップ②

そしてここからが重要なのですが、一日を振り返って、その日取った行動に対して『達成感』、そして『喜び』に関して感じる気持ちの程度をそれぞれ10点満点で採点していきます。

 

 

こちらが行動ダイアリーの記入例↓


画像引用:http://tanoshiku2014.com

 

 

そしてこういった行動ダイアリーの記録を続けて行くと、自分がどのような行動に『達成感』『喜び』を感じているかが自分自身で解ってきます。(意識化)

 

 

気を付けたいのはこの『達成感』『喜び』の両方の行動のバランスを取り増やしていくことです。

 

 

なぜならば、これは心理学的な参照枠なのですが

喜びが多いだけの活動を増やしてもどこか虚しさがつきまといます。

そして、

達成感が高い活動を増やしても(達成感しか無い)人生では楽しさが得られません。

 

 

『達成感』『喜び』の両方の行動のバランスが大事なんです。

両方のバランスが均等になるようにしたほうが人の幸福度は最大化するとされています。

 

 

こういった『行動ダイアリー』の記録を続けて行き、自分がどのような行動に『達成感』『喜び』を感じているかを自分自身で意識化していく事で、たくさんの気づきが生まれ、やがて自分自身が本当に好きな事や、『やりたい事』が自分自身の中で、明確になって行きます。

 

 

実際に私もこのセルフコーチングノートを活用した時に達成感が高い活動が多く、喜びを感じる行動が少なめでストイックな行動習慣を持っておりました。なので、少し自分にとって喜びを感じる行動を多く生活に取り入れるように改善しました(^_^)

 

 

やりたい事を見つけるセルフコーチングノート術『行動ダイアリー』があなたのお役に立てば幸いです(^_^)

大分県、あなたの潜在能力を武器に変える目標達成コーチングの徳永。

 

小さい頃から自分が好きだったことを思い出して、自分の好きな事を日常的に少しずつやる事だ。

 

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント!

 

ブログ訪問特典として、年収を自分で決めれる人になる為のセルフコーチング質問表をプレゼントしてます。

 

経営学者・社会学者のピーター・ドラッカーはこう言っています。

 

『間違った問いに対する正しい答えほど、危険とはいえないまでも役に立たないものはない。重要な事は「正しい答え」を見つける事ではない。「正しい問い」を探すことである。』-ピーター・ドラッカー-

 

要はピーターが伝えたいのは、問題に直面したら「自分に何を問いかけるか?」が大事になるという事。

 

上手く行く人と、そうでない人は、この『自分への質問の質』が決定的に異なっているのです。

 

最高の「質問」が最高の「人生」をつくる

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

『年収を自分で決めれる人になるセルフコーチング質問集』をプレゼント中。

【プレゼントを受け取る】