対人恐怖症で退職、会社をやめるな【セルフコーチング】

対人恐怖症で退職、会社をやめるな【セルフコーチング】

 

 

私は18年エンジニアとして企業で勤めた後、起業の道に進むため退職という道を歩んでいます。

 

 

ずっと可能性を試したい、起業したいという思いは強いありましたが、半分は私の中の対人恐怖症が災いして消極的な選択ばかりで企業内でのキャリアの構築、明確なビジョンを持つ事が出来なくなったからというのもあります。

 

 

その為、起業の準備万端で辞めたわけでなく、出世と同時に、上司との確執、部下を育成できない、業務量の肥大、たまらなくなり逃げるように起業への道を歩みました。

 

 

半分が逃げの起業だったので、その後対人恐怖症を克服するまでめちゃめちゃ苦労しています(-_-;)。

 

 

確かに自身が思い描いたキャリア(職種、収入、やりがいetc)がその会社で実現できず、あなたにとってそのキャリアに対しての優先度が高いものであれば、やめるという選択肢も否定する事は出来ません。

 

 

あなたのたった一度の人生なのですから、

 

 

ただ、上司との確執、同僚との不仲、後輩の育成が出来ない等の対人関係が理由で会社を辞めるという考えるという考えは上手く行きません。

 

 

どこに行っても人間関係はついて回るからです。人の悩みの9割は突き詰めれば人間関係の悩みです。

 

 

ここから逃げる選択肢は、絶対にあなたを幸せに、自由にはしません。

 

 

むしろあなたの自由を奪い、行動を制限し、不幸をもたらすものです。

 

 

誤解を恐れず言います、対人恐怖症はもったいないです。

 

 

だって、人は本質的に怖くないから。

 

 

人は本質的に悪を働くように出来ていません。人を攻撃するように出来ていません。

 

 

だから、もったいないです。

 

 

あなたの可能性を奪っているのですから。

 

 

 

私が強く言いたいのは対人関係、対人恐怖症はあることに気づくだけで克服出来ます。治すことが出来ます。

 

 

 

私が実際にそうでした、対人恐怖症が治り、対人関係がクリアになるとはじめて自分の本当に望んでいる事やビジョンが明確になります。(^_^)

 

 

対人恐怖症はもったいないです。

 

 

 

対人恐怖症の私が対人恐怖症、劣等感、自信の無い自分を克服したセルフコーチング手法
⇒【1日30秒】簡単自信回復のセルフコーチング法

 

 

対人恐怖症で退職、会社をやめるな【対人恐怖症からの起業論】

 

 

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント!

 

ブログ訪問特典として、年収を自分で決めれる人になる為のセルフコーチング質問表をプレゼントしてます。

 

経営学者・社会学者のピーター・ドラッカーはこう言っています。

 

『間違った問いに対する正しい答えほど、危険とはいえないまでも役に立たないものはない。重要な事は「正しい答え」を見つける事ではない。「正しい問い」を探すことである。』-ピーター・ドラッカー-

 

要はピーターが伝えたいのは、問題に直面したら「自分に何を問いかけるか?」が大事になるという事。

 

上手く行く人と、そうでない人は、この『自分への質問の質』が決定的に異なっているのです。

 

最高の「質問」が最高の「人生」をつくる

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

『年収を自分で決めれる人になるセルフコーチング質問集』をプレゼント中。

【プレゼントを受け取る】