インフォーマルアセスメントツール作り方【セルフコーチング】

インフォーマルアセスメントツール作り方【セルフコーチング】
インフォーマルアセスメントツール作り方

 

 

今日はインフォーマルアセスメント作り方、作成のコツについて少しお話しします。

 

 

インフォーマルアセスメントってほぼキャリコン用語になるのかな?

 

 

この動画はキャリコンさん向けの動画なのでインフォーマルアセスメントって何?

 

 

っていうのは省力しますけど、

 

 

フォーマル・アセスメントは標準化検査。(一般的な検査方法)

インフォーマルアセスメントは非標準化検査。(応変的な検査方法)

 

 

クライアントの『仕事理解』とか『自己理解』を深めるアセスメントツールになるんですが。

 

 

私のカウンセリングとかコーチングのセッション時に、『自分理解』の為にこういったインフォーマルアセスメントをクライアントに適したものを自分なりにピックアップして、セルフ・カウンセリング、セルフコーチングという形で提供しています。

 

 

で改めてなんですが、クライアントが成果を上げていく為に、このインフォーマルアセスメントを用いた『自己理解』をしてもらう事ってめっちゃ大事ですよっていうこと。

 

 

私はこの『自己理解』ってキャリアの構築にしても、ビジネスの売り上げUP、等の成果を上げる為にかなりのウエイトを占めていると思っています。

 

 

なぜかっていうと、皆『自分理解』って本当~~~に出来ていないから。

 

 

自分の現在位置がどこにいるのか?そしてどこを目指しているのか?皆わかっていないですよ。

 

 

で、今までの終身雇用が保障されてレールに乗っかっている人生であれば、自分の現在地も目的地も知る必要もないんですが、今の様に複雑化している現代では、なんどでも言いますけど『自己理解』めっちゃ大事です。

 

 

これをね旅行に置き換えてみたら、

 

 

自分がディズニーランドに行きたいのか、USJに行きたいのか?

 

住んでいる場所が大分県なのか?福岡県なのか?

 

分かっていないって事です。

 

何時に?どこに集合?どんな交通手段?ホテルは?

 

 

手段も決める事が出来ません。こんな旅行やばくないですか?

 

 

だから私のセッションではインフォーマルアセスメントを使っての自己理解は色々と試行錯誤して徹底的に取り入れています。

 

ちなみに私の場合はクライアントの目的がキャリアの目標達成だけでなく多岐多様にわたるので、一般的なフォーマルアセスメントは使わないんです。

 

 

では、こういったインフォーマルアセスメントツールをどうやって創るのかについてなんですが、

 

 

一つ、私の運営しているブログの中で『インフォーマルアセスメント作成』ってアクセスの多い記事があるんですね。

キャリアコンサルタント養成講座 インフォーマルアセスメント作成課題

 

 

これは私がキャリアコンサルタントの養成講座を受けている時に、実践記としてアップした記事なんですが

 

 

三田紀房(みた のりふさ)さんのエンゼルバンクという漫画の中の「五角形のグラフ」っていう自己分析ツールを元に作成した(ほぼパクって作成した笑)インフォーマルアセスメントを紹介しているんですね。

 

 

 

で、こういった例は、一例なんですが、あんな感じで、色々な本とかセミナーとか、学びの中でインフォーマルアセスメントのネタってたくさん転がっている物なんですよね。自分自身が受けるって言う場面もあると思います。

 

 

でそういった時に、ああこれ使えそうだなっていうものは、あまり形式にとらわれずに積極的にメモにどんどんストックして行くって言うことをお勧めしています。

 

 

で、実際に全部が全部使えるわけでは無いと思いますが、

 

 

クライアントの悩みとか解決したい悩みを聞く中で、この悩みはこういったインフォーマルアセスメントを少しアレンジすればこのクライアントさんには使えそうだなとか直感で閃きやすくなります。

 

 

でもこういったメモを取っていないこの閃きが訪れません。

 

 

積極的にメモっていきましょう。

 

 

やっぱりサラリーマンとしての仕事にしても、

フリーランスとしての自分の事業にしても、

 

 

会社の利益を上げる事って必要になります。

 

 

利益を上げる為には、

 

 

社会の事を理解していないといけない。

 

 

そして、社会の事を理解する為には、

 

 

社会を形成している人を理解しないといけない。

 

 

そして、人を理解するためには、

 

 

やっぱり一番理解がしやすい自分という人間を徹底的に理解してあげないといけません。

 

 

つまりは自己理解をしないといけない。

 

 

自己理解理解が出来てない人は本当に多いです。是非、クライアントの自己理解を深めることが出来るキャリアコンサルタントを目指して下さい(^_^)

 

 

その為の一歩として、是非皆さんも普段からこれ良いなって思うインフォーマルアセスメントツールを意識してストックしていきましょう(^_^)

 

 

私のメルマガ登録者さんにはインフォーマルアセスメントにも使えるセルフコーチング質問表をプレゼントしていますので、是非ブログ記事下からチェックされて下さいね(^_^)

 

 

【ブログ記事】

 

●キャリアコンサルタントにお勧めの副業、Wワークは・・。

 

●キャリアコンサルタント実技、ロープレの練習方法、当日の服装や雰囲気。

 

●キャリアコンサルタント養成講座 インフォーマルアセスメント作成課題

 

●キャリアコンサルタント養成認定講座無事修了 プレゼン内容

 

●キャリアコンサルタント養成講座レポート【まとめ】

 

●キャリアコンサルタント学科の勉強方法。必要な勉強時間は?

 

●過去問対策の「みんなで合格キャリアコンサルタント試験」紹介

 

●起業領域のキャリアコンサルタントを目指して申請手続き、費用

 

●キャリアコンサルタントは役に立たない?

 

【ユーチューブ動画】

 

●キャリアコンサルタントはコンサルタントなの?カウンセラーなの?(ユーチューブ動画)

 

●選ばれるキャリアコンサルタントになる!プロフィールの書き方(ユーチューブ動画)

 

●選ばれるキャリアコンサルタントになる!ブランドの作り方(ユーチューブ動画)

 

●キャリアコンサルタント養成講座のプレゼン資料(ユーチューブ動画)

 

●キャリアコンサルタント試験勉強方法(ユーチューブ動画)

 

●キャリアコンサルタント試験【ロープレ一人練習方法】(ユーチューブ動画)

 

●キャリアコンサルタントは仕事が無い?キャリアコンサルタントとは?(ユーチューブ動画)

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

セルフコーチング質問表プレゼント!

 

ブログ訪問特典として、年収を自分で決めれる人になる為のセルフコーチング質問表をプレゼントしてます。

 

経営学者・社会学者のピーター・ドラッカーはこう言っています。

 

『間違った問いに対する正しい答えほど、危険とはいえないまでも役に立たないものはない。重要な事は「正しい答え」を見つける事ではない。「正しい問い」を探すことである。』-ピーター・ドラッカー-

 

要はピーターが伝えたいのは、問題に直面したら「自分に何を問いかけるか?」が大事になるという事。

 

上手く行く人と、そうでない人は、この『自分への質問の質』が決定的に異なっているのです。

 

最高の「質問」が最高の「人生」をつくる

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

『年収を自分で決めれる人になるセルフコーチング質問集』をプレゼント中。

【プレゼントを受け取る】