見込み顧客明確化セルフコーチングシート

見込み顧客明確化セルフコーチングシート

 

 

カウンセラー、コーチ、コンサルタント型【自分ビジネス起業】での情報発信⇒集客を考える場合。大事になってくるのが、

 

 

見込み客を明確にして情報発信をすると言うこと。

(例)就活生向け、入社3年目、30代転職希望者、エンジニア向け、課長向けキャリアの葛藤、天職探し、退職希望者、、etc)

 

 

■なぜ見込み客を明確にして情報を発信するべきなのか?

・見込み客にささる発信をする事が出来る。

・自分の発信スタイルや言葉使い、テイストが決まる。

 

コレが出来ていないと誰に対しての発信か絞れてないと、結局誰に対しても響かない⇒関心・興味を持たれない⇒集客出来ない。

 

■後はあなたの立ち位置も大事になってきます。

自分自身の立ち位置により情報発信のテイストも変わってきます。先生としての立ち位置なのか、先輩としての立ち位置なのか、カウンセラー(寄り添い)、コーチ(伴走者)、コンサルタント的立ち位置なのか?

 

 

大事な事なのでもう一度。

 

■なぜ見込み客を明確にして情報を発信するべきなのか?

・見込み客にささる発信をする事が出来る。

・自分の発信スタイルや言葉使い、テイストが決まる。

 

【見込み顧客を明確にする3つの質問】

 

①あなたがクライアントにしたい理想のクライアント像を思い浮かべてみよう。

年齢は?

性別は?

家族構成は?

どんな仕事をしている?

年収は?

趣味は?

休日の過ごし方?

 

②見込み客が感じているであろう悩み(不安、恐怖、ストレス等々)はなんですか?

・不安は?

・恐怖は?

・ストレス?

・悩み?

 

③あなたのカウンセリング、コーチング、コンサルティングサービスで見込み顧客はどんなメリットを得て、どう悩みを解決し、どんな未来を実現する事が出来ますか?

・どんなメリット?

・どんな悩みを解決?

・どんな未来が訪れる?

 

見込み顧客明確化セルフコーチングシート

 

【期間限定】『魔法のセールス台本』プレゼント中!

”心理学の資格を取っても未だ売り上げがゼロそう悩むコーチ、カウンセラー必見の情報

『魔法のセールス台本』通りに話すだけで20万、30万の商品があっさり売れる。

実績・経験・自信なしでも、わずか1ヶ月で稼げる自分に変わる『魔法のセールス台本』を期間限定・無料でプレゼント中!

【プレゼントを受け取る】

コメントは受け付けていません。