著作権侵害、刑事、民事訴えられた【NLP心理学ビジネス】

著作権侵害、刑事、民事訴えられた【NLP心理学ビジネス】

 

ブログ運営、ブログ集客では画像の著作権に気をつけよう

 

これはあくまで心理学コーチとして活動し始める前のお話しですが、私が経験したブログ画像の著作権侵害違法行為で刑事、民事で団体訴訟を受けかけた件についての記事です。

 

ブランディング・ブログ運営を行っていく上で気をつけるべきなのが画像や文章の著作権です。

 

赤の他人のブログのよさそうな画像を無断で利用する。なんて事をやっていると、最悪著作権侵害行為で訴えられる可能性があります。

 

確かに法律上では『公表された著作物は自由に引用して利用することが出来る』とありますが、引用の意味は著作権がフリーというわけではなく、『自分の論を説明・証明するために他の文章や事例を引くこと』です。これには引用元を表記する等の一定のルール、モラルが求められます。

 

文章の引用に関して言えば、その文章を参考にオリジナル文章に書き換えたりする事は容易ですが、画像は編集も技術がいり、オリジナルの画像を用意するというのはなかなか素人には難しいので、つい他人の画像を無断で利用しがちです。

 

私もとあるブログ運営でそういう形を取っておりましたが、実際に著作権侵害で訴えられた事があります。

たかが画像の盗用と思うなかれ請求額700万円。(700万丸々払うかどうか別の問題ですが・・・・)

※かなりの数の先方の加工画像を無断に利用していてのこの金額になります。

 

請求元の主張としては『画像を作成するのにも、コストや時間が掛けられている事と、利用画像の数が多い為』とのことでした。

 

確かに著作権の意識が弱くなってしまうと、新しいコンテンツを作ろうという文化、土壌が育たなくなってしまう為、最大限の配慮、ルール順守が必要なのだと改めて身をもって体感したわけです。

 

著作権侵害警告メール

 

実際に頂いたメールを個人団体が特定できない形で以下に紹介します。↓

 

(一部略)

何度かあなたにメールしていますが、今回我慢の限界でしたので報告します。

あなたのブログは、私のサイトを含む多くのサイトの画像や文書をそのまま盗んでおり、著作権法に違反しております。

私どものグループではあなたに対して訴訟を起こす事としました。

全て、あなたのサイトはログを残しており証拠集めは終わっており、各ASPの意見もまとめた上で本日被害届を出させて戴きました。

刑事と民事の両方で団体訴訟をしておりますが、損害が広がる前に早めに改善される事を強く望みます。
私共は早ければ今月中にはあなたのお住まいか職場にお伺いする予定です。

あなたの言い分もあるかと存じますが、それはこのメールの返信ではなく、まもなく著作権法違反容疑の捜査や、民事の賠償請求案件出頭時にまとめてお答えください。

では、近々お目にかかる日があるかと思いますが資料等をまとめておいてください。

弁護士等の手配もなされた方が宜しいかとぞんじます。
(以上)

 

 

文面に関してはかなり省略させてもらいましたが、正確には訴えられる寸前で先方様とはなんとか和解出来ました。

 

身から出た錆とはいえ結構精神的に追い詰められる事となりました。

 

 

当時DeNeのキュレーションサイトの問題があった為、業界全体が健全化の流れに進んでいるので尚の事引き締める動きが強かった事もあります。

 

もし画像で著作権侵害で刑事、民事で訴えられそうになったら

 

 

上の記載は最終和解は出来たのですが、誠意を持って対応出来たからだとも思えます。

 

本来こういった訴訟は訴えを起こす側も得られるメリットには限りが有り(請求できる金額よりも、労力や費用が高くつつく為)早い段階で示談、和解出来れば先方もそれを望むはずです。

 

 

ただ、ブログ内に連絡手段(お問い合わせのフォーム、コメント欄)などを作っていないと、手遅れになる(訴訟する側もされる側も引くに引けない状態になる)可能性がある為、ブログ運営する場合はなんらかの連絡が取れる体制(リスクヘッジ)は作っておいたほうが良いと思います。

 

 

それを踏まえて、警告や訴訟の旨の連絡があった場合は、著作権侵害画像の削除を行なう旨と誠意を持って誠意を持ってあやまる事が必要です。(連絡が取れるという関係性が何より大事ですので連絡する手段を確保して下さい)

 

実際は謝って済む問題ではないのですが、それでも徹底的に誠意を見せるしかありません。矛盾しているようですが、これがリアルです。

 

私の場合は、連絡が取れる相手が、訴訟を起こした方ではなく仲介の方でしたので、誠意を見せて訴訟を起こした方との電話連絡まで取り次いで頂けました。その方と電話連絡する形でなんとか、訴訟を取り下げて頂きました。

 

訴訟で動かれていた損害賠償請求としては500万以上で、実際刑事訴訟の方は、民事訴訟の結果待ちではあったそうですが、警察に受理されていたと言う所まで行っていました。

 

ブログの匿名性に関して言えばサーバー側も機密情報を保ってくれてはいますが、弁護士や、公的機関が開示要求をすれば個人情報もすぐに割れますので、ネットだからと鷹をくくっては絶対に行けません。しっかりと誠意を持って、応対するようにしましょう。

 

示談・和解が成立しない場合は、場合は弁護士に相談して、さらに和解・示談の交渉、もしくは法廷で争うのかになります。

 

私の場合は、弁護士に相談せずにすみましたが、弁護士さんに依頼するのもそれなりに金額が掛かると言う事だけは理解しておきましょう。

 

重要な事なので再度書きますが、ブログを行っていく上で気をつけるべきなのが画像や文章の著作権です。

 

画像を使う際は、出典元を明らかに明示するというのも有用ですが、著作権フリーの画像を使うのが間違いないです。

 

 

私が利用している著作権フリーの画像元

 

魅力的な画像や色合いを使う事は、イメージライティングと言われ、あなたのセルフブランディングを高める事ににも繋がってきます。

 

私のブログでも利用している著作権フリーの画像元やイメージライティングの手法についてはメルマガにて紹介しています。

 

著作権侵害、刑事、民事訴えられた【NLP心理学ビジネス】

 

 

 

ビジネスは『セルフコーチング』から始めなさい!

あなたが自分のビジネスを成功させたいと考えた時に、『自己の理解』というのは是対に必要不可欠です。

 

なぜ自己理解が必要なのか?

 

ビジネス=お金を稼ぐと言う事。

ですよね。

 

そして、

お金を稼ぐと言うことは、

社会に価値を提供するという事。

 

そして、

社会に価値を提供するという事は、

社会の事を知る必要があります。

 

そして、

社会は人が形成しているので、

人を知る必要があります。

 

そして、

人を理解するためには、

まず自分自身を知る必要があります。

 

これは、

自分を理解出来る深さ=人を理解出来る深さ

だから。

 

自分自身の事を2割しか理解出来なければ、他者のことも2割しか理解出来ない。逆に自分の事を8割理解出来れば、他者の事も8割理解出来るようになります。

 

まずは自分を理解しなければいけないのです。そして、自分を深く知る為には、自分とたくさん会話する必要があります。

 

こういう流れです。↓

お金を稼ぐ=社会に価値を提供する

価値を提供する=社会を理解する

社会を理解する=人を理解する

人を理解する=自分を理解する

自分を理解する=自分と会話する

 

 

そして、この自分自身との会話で私が実践、オススメしている方法がセルフコーチング。つまりは自分への質問です。

 

 

「自分は何が出来るのか?」「何を始めて、なにを続けて、なにをやめる事が出来るのか?」「結局自分は何がしたいのか?」本気で自分という人間に向き合う

 

 

最高の「質問」が最高の「人生」をつくる

 

 

セルフコーチングは自分一人で出来る、自分に対しての質問の技術です。

 

人は意識、無意識の中で一日3万回以上の質問やトーク(自問自答)を脳内で繰り返しあなたにとっての適切な解を導き出しています。

 

あなたが考えるのは正しい質問(自分が望む答えを知りたい質問)を、自分にする事を日課にすれば良いだけです。質の高い自己への質問が、質の高い答えを導き出し、それが信念を築き、行動に繋がり、質の高い人生を作ります。

 

人生を変えたければ、自分にする質問を変えることだけです。

 

そして、このセルフコーチング質問表を皆さんにプレゼントしています。是非活用下さい(^_^)

 

【一日の始まりを最高の状態にする為の朝の質問一覧】★お勧め
【一日を締めくくる為の夜の質問一覧】
【力を生み出す質問一覧】
【成功するための質問 一覧】
【豊かさを受けとる質問 リスト 】
【目標設定をするための質問 リスト 】
【問題解決を行うための質問一覧 】
【人間関係を改善する質問 一覧】
【クロージングが決まらない時の質問 一覧】
【売上が低迷しているときの質問 一覧 】
【商品作り、プロダクトの為の質問 一覧】

 

【プレゼントを受け取る】

コメントは受け付けていません。