コーチングスタートアップ『オリジナル商品作りの教科書』

コーチングスタートアップ『オリジナル商品作りの教科書』

あなた独自の売りを見つける
-オリジナル商品作成の教科書×セルフコーチング質問表-

 

ビジネスで売り上げを上げるには『商品』が必要になります。

 

ただし、コーチングやカウンセリングで1回数千円程度の価格の単発セッションでは、ビジネスモデル的に限界があり、『商品』とは呼びにくい。

 

(仮に1回5000円のセッションでも、月20万を目指すにしても、40人のクライアント獲得が必要になり、現実的では無い。価値を高めて値段を上げる意識を持つ事が必要になります。)

 

3~6ヶ月の高単価(20万~30万以上)パッケージ商品を作る事を推奨しています。

 

そして、最初のうちは特に専門分野を定めないコーチングやカウンセリング(目標達成コーチング・ライフコーチング・心理カウンセリング等)でビジネス活動をしていたとしても、

 

ビジネスを拡大していきたいとお考えであれば、専門分野を決めて、あなたの『オリジナル商品』を作っていく事もまたお勧めしています。

 

なぜならば、売れている企業は皆、独自の売り×サービスを持っています。

 

ドミノピザ
「アツアツのピザを30分以内でお届けします。
間に合わなければ、代金は頂きません」

 

ダイソン
「吸引力が変わらないただ一つの掃除機」

 

ライザップ
「結果にコミットする」

 

社会から求められる
『オリジナル商品』を持つ事で、

 

・この人なら私のことを理解してくれるかもしれない。

・この人なら私の力になってくれるかもしれない。

・この人なら私を導いてくれるかもしれない。

 

あなたは顧客にとって『特別な存在』になる事が出来ます。

 

同業者からの比較から外れて『指名買い』が起こる。⇒金額を安くしたり、過剰なサービスを提供する必要がなくなる。⇒売り手の方が圧倒的に有利になる⇒お金を生み出す

 

その後の
集客・セールス・売り上げUP

がスムーズに進むんです。

 

 

逆に言えば、社会から求められる
この『商品作り』が『正しく』
出来ていないと、、

 

ブログを運営しても、
SNSを更新しても、

 

あなたのメッセージは誰にも刺さらない
⇒集客出来ない⇒商品が売れない。
となるんです。

 

『オリジナル商品』を持つ事は、

2割の労力で、8割の成果に繋がる
ビジネスにおける最重要部分。

一番のボトルネックであり、言うなれば、
“ボーリングのセンターピン”です。

 

 

なので、最初に
オリジナル商品を『正しく』
作らなければいけません。

 

コーチ、コンサル、カウンセラー型の無形のオリジナル商品の作り方

■商品作りの前提

 

・売り上げを上げるには『商品』が必要。

・ただ、1回数千円の単発セッションでは限界があり、商品とは呼べない。

(沢山の人に売るより。高く売る方が簡単なので、価値を高めて値段を上げる意識を持つ事

・3~6ヶ月の高単価パッケージ商品を作る(理想は30万以上)

・売れる商品があれば「セールス」も「集客」も楽になる。

・売り上げは、最終的には「売れる商品」のラインナップと顧客数で決まる。

・マーケットインの思考を持つ事が大事(プロダクトアウトは失敗しやすい)

 

■シンプルな商品作りの流れ

 

1、お客様(ターゲット)を決める

「あなたは誰に向けてビジネスを行うのか?を決める」
どんな悩みを抱えている人をターゲットにするのかと言うこと。
-ビジネスとはお客様の問題解決である-

 

2、お客様への約束(ベネフィット)を考える

あなたがお客様に対して、私を選んでくれればこの問題は解決します!という約束(ベネフィット)を考える。このおベネフィットこそがお客様があなたを選ぶ理由になります。

 

3、商品コンセプトを打ち出す

①誰の、どんな課題・悩み・願望を(ターゲット)
③どんな手法を使って解決し(メソッド)
②どんな価値(約束・結果)を提供するのか?(ベネフィット)

を決めて、3~6ヶ月の高単価パッケージ商品を打ち出す(理想は30万以上)

 

独自性を考える

 

商品に独自性を打ち出す時には、
以下を意識して考えます。

・ターゲットをずらす(ポジショニング戦略)

・ベネフィットを強める(究極の約束を設定する)

・メソッドの名前に独自性を打ち出す。

・全体的なコピーの魅せ方を工夫するetc

 

そして、
これらの独自性のイメージを
考える際には、
自分の価値感や過去に様々なヒント
が眠っています。

 

あなたのアイデンティティ・情熱・価値感
や乗り越えてきた困難・体験は
全てあなたの独自性・強みに
転換出来るからです。

 

以下の質問ワークに答えて、
あなたの『価値感』『強み(リソース)』
を確認して、そこから
あなたの商品コンセプトを書き出してみよう。

 

独自の売りを探すセルフコーチング質問表

①あなたの情熱部分を知る質問

・今自分が夢中になって学んでいるものはなんだろう?

・これまでずっと学びたいと思ってきた事はなんだろう?

・これまでの人生で自分が一番時間をかけてきたものはなんだろう?

・あなたがお金をもらえなくても、やりたいことはなんですか?

・あなたが「それ」をしているとあっという間に時間が過ぎることはなんですか?

・あなたがやる気になったり、充実感、やりがいを感じられることは何です
か?

・人が私に「どうすれば良いの?教えて」と聞いてくることはなんだろう?

・いくらでもお金が使えるならば、何をやりたいですか?

・生まれ変わって何にでもなれるなら何になりますか?

・あなたが乗り越えてきて、アドバイスできることはなんですか?

②強み、リソース(資源)を知る質問

・あなたが成果や実績を上げてきたことは何ですか?

・私がこれまでに体験したことで、人生・生活やビジネスを改善するのに役立ち、それで人を指導し鼓舞できると思えるものは、例えば、、

・あなたのこんなところがいいよね、こういうところが長所だよね、と褒められたり喜ばれた経
験をリストアップしてみてください。

・あなたが現在抱えている悩みやコンプレックス、克服してきたことをリストアップしてください。

・あなたの専門スキルを 3つあげてください。

・あなたが持っている資格は?

・あなたが詳しい知識を持っている分野は?

・過去に人を教えた経験があるものは?

③情熱、強みをビジネスに変えるシンプルな質問

・何の成約もなければ、あなたは「何の専門家」になりたいですか?それはなぜですか?

・現時点で、あなたは「何の専門家」を目指しますか?その理由は?

 

ある分野の専門化になることは難しくは無い。専門性が無ければ学べば良いだけ。要はそのようになりたいかどうか?そしてその一歩を踏み出すかどうかだけ。

 

(私は、 ●●の専門家を目指します)

 

あなたの商品コンセプトを決めてみましょう

 

1.ターゲットは誰ですか?
あなたは誰の問題を解決するのか? どんな人を救いたいのか?

2.ベネフィット
「あなたのサービスを受けることでどんな変化が起こるのか? (要はあなたのサービスで何が得られるのか? )

3.メソッド
「いかなる手法によって『2 ベネフィット』を実現するのか?

 

成果に繋がるセルフワークのやり方

 

このワークの答えは是非
紙に書き出すとか、パソコンで打ち込みとか
『アウトプット』してみて下さい。

 

頭の中で考えるという
人もいると思うのですが、

人間というのは、頭の中で考えるだけでは、
思考がぐるぐると同じところを循環してしまい、
正しい答えを導き出すことが出きません。
(正しい答えまで行きつく前に思考をやめてしまう。)

 

頭の中で考えるというのは結局の所、
『考えているフリ』をしているだけなんですね。

 

紙に書き出す、アウトプットする事で、
ダブりなく自分の思考の棚卸が出来ますし、

紙に書き出す時(文字化する時)
に一度意識化をしないといけないので、
様々な思考の穴にきずくことが出来きます。

 

人が不安や焦りを感じるのは、
自分自身が何に対して不安を
感じているのかわかっていない時。

 

問題点というものは、
それを正しく認識(意識化)
出来さえすれば半分は解決したも同然です。

 


しっかりと紙に書き出す事で、
次に自分がなにをするべきかが明確になります。

 

あなた独自の売りを見つける
-オリジナル商品作成の教科書×セルフコーチング質問表-

 

コーチングスタートアップ『オリジナル商品作りの教科書』

コメントは受け付けていません。